4万円を即日で借りる方法を徹底解説!

4万円って多いような少ないような、家族や友人にも借りにくいちょっと半端な金額ですよね。でも、何か必要なものを揃える時だったり、家賃を払わなければいけなかったり意外と必要な金額でもあります。特に借りるとなると即日が有難いですよね。そんな貴方のために、ここでは4万円を即日で借りる方法をいくつか紹介したいと思います♪どこで借りれば良いか迷っている方はぜひぜひチェック!!

 

4万円を即日で借りる方法【目次】

 

 

消費者金融で4万円を即日で借りる方法

家族や友人にも借りにくいときに使える便利な金融機関が消費者金融です。CMでもよく見かけるので、知っている方も多いと思います。また、CMでしているから金利が高いと思われがちなのですが、金融機関の中では比較的リーズナブルでまた借りる際に嬉しいサービスがあったりするのが消費者金融の特徴です。ここでは代表的なオススメの消費者金融を金利や即日借入可能かどうかで比較してみました。消費者金融での借入を考えている方はぜひチェック!!

 

4万円を即日で借りれる消費者金融BEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

アコム

3.0%~18.0%

アイフル

4.5%~18.0%(年率)

モビット

3.0%~18.0%(年率)

その場でカードを受け取って即日借入するならアコム!!

急いでいる場合にピッタリなのが、自動契約機むじんくんがあるアコム。昔CMでもよく見かけたので知っている方は多いと思います。むじんくんは8:00~22:00と受付時間が決まっているのですが、来店するとその場でカード発行が出来る上に、その場での手続きになるので自宅への郵送等が基本的にないようです。つまり家族にバレたくない方にはとても有効的なシステムと言えます。
カード発行さえしてもらえれば、あとは自由に借入ができるので即日も不可能ではありません。急いでいる方にピッタリのオススメ消費者金融です。

 

小さな金額の借入にぴったりのサービス「30日間金利0円」

「30日間金利0円」は言葉の通りで、契約日から30日間は金利が無料なんです。つまり30日以内に全額返済すれば実質金利0円で4万円を借りることができるということです。このサービスは当サイトの比較対象のなかだとアコムとアイフルのみとなっています。今回は4万円なので、30日以内での返済は難しいかもしれませんが、それでも他のこういったサービスがない金融機関と比べるととてもお得に感じますよね。30日以内に返せる自信があり、また金利は0円が良い!!という方にぴったりの消費者金融サービスです。

 

 

4万円を即日で借りるのにおすすめの消費者金融ランキング

 

アコムの特徴

アコムは他の2つの消費者金融と比べると金利が契約極度額に応じて異なるシステムです。また、「30日間金利0円」のサービスもある代表的な消費者金融です。ネットでの申込は24時間可能で最短30分で審査回答が出るようです。急いでいる場合は8:00~22:00だと自動契約機が使用でき、その場でカード発行もしてくれるので即日借入が可能です。

金利 3.0%~18.0%
評価 評価5
備考 自動契約機でその場でカード発行
 

 

 

アイフルの特徴

アイフルも「30日間金利0円」サービスがある消費者金融です。ネット申込は24時間可能で、家族にバレたくないという方のために書類などの受取方法も選ぶことができます。返済はコンビニのATMなどからでも可能なので自分に合った返済方法を選ぶことができます。連帯保証人が不要なので、誰にも秘密にしたいという方にはオススメです。

金利 4.5%~18.0%(年率)
評価
備考 連帯保証人不要
 

 

 

モビットの特徴

モビットは金利等に関してのサービスはありませんが、電話連絡や郵送物がなく、とにかく念には念をでバレたくない方にオススメの消費者金融です。手続き後は最短3分で振込可能なのですが、即日借入には9:00~14:50までの申込が必要です。そのため時間外になると即日での借入はできません。そういったことを踏まえてモビットはとにかく周りにバレたくない方にオススメです。

金利 3.0%~18.0%(年率)
評価
備考 金利は消費者金融3社の中で一番低い3.0%から
 

 

銀行カードローンで4万円を即日で借りる方法

銀行カードローンは消費者金融と一体何が違うのか、とても気になるところですよね。簡単に言ってしまえば、消費者金融よりも、金利が安いのです!つまり、大きな金額の場合だと返済がラクになるということですね。ですが今回の場合は4万円という1ヶ月以内でも返せそうな金額なので、消費者金融とどう違ってくるのか、解説していきたいと思います。

 

4万円を即日で借りれる銀行カードローンBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

プロミス

4.5~17.8%(年率)

足利銀行

5.8~14.8%(年率)

関西アーバン銀行

4.0~14.4%(年率)

銀行カードローンは受付時間が短い!!

さすがに銀行というだけあって、受付時間が短く設定されている銀行が多いように思います。大体は9:00からお昼頃までの受付で即日借入したい場合もその受付時間内にということが条件となっているようです。そのため今回の場合4万円がすぐに必要なので、少し不向きかもしれません。受付が完了したあとは24時間ATMで借入可能なので問題ありませんが、申込するまでに時間がかかりそうですね。

 

30日間無利息サービスを行っているのはプロミス!!

プロミスといえば最近よくCMでも見かけるのでご存知の方も多いと思います。銀行カードローンの中で「30日間無利息サービス」を行っているのはプロミスだけです。申込方法は2種類あり、どちらも審査を終えてからとなります。ちなみに申込方法はWEBと来店となっています。来店の場合は申込をしてその場でカード受取ができるのがメリットとなっていますが、対面はしたくないという方にはWEB申込がオススメです。ネット申込は24時間受付していますが、即日借入するためには時間が決められているので、その時間をすぎると難しいです。

 

4万円を即日で借りるのにおすすめの銀行カードローンランキング

 

プロミスの特徴

やはりCMでもよく見かけるということもあり、安心感と人気のあるプロミスの銀行カードローン。プロミスは消費者金融と同じく「30日間無利息」という銀行カードローンの中では珍しいサービスを行っている金融機関でもあります。また、審査後の申込方法はWEBと来店があり、来店の場合はその場でカード発行をしてもらうことが出来るので、早く手にしたいという方にはオススメです。

金利 4.5~17.8%(年率)
評価 評価4.5
備考 30日間無利息サービスあり
 
 

関西アーバンの特徴

20歳から75歳までの方が借入できる関西アーバンの銀行カードローンです。電話やネット、FAXで簡単に申込できるのがメリットでもありますが、基本的には来店が必要で、来店不要の郵送契約もあるのですが、場合によっては来店が必要となります。そのため、周りにバレたくないという方にはあまりオススメできません。ただし大きい銀行ではあるので、安心感が欲しいという方にはオススメになります。

金利 4.0~14.4%(年率)
評価 評価4
備考 来店が必要
 

 

 

足利銀行の特徴

来店不要でネットや電話またはFAXで申し込むことができる銀行カードローンです。最短で翌日に借入することができるようになっています。申込はアルバイトやパートの人だけでなく専業主婦の方でもできるようになっています。また収入証明書の提出が一切不要となっているので、提出が嫌な方にはオススメの金融機関です。

金利 5.8~14.8%(年率)
評価 評価3
備考 アルバイト、パート、専業主婦の方でも申込OK
 

 

 

クレジットカードのキャッシングで4万円を即日で借りる方法

クレジットカードでキャッシングするには

 

4万円を即日で借りれるクレジットカードのキャッシングBEST3の比較表

 

金利

即日借入(平日)

即日借入(休日)

ACマスターカード

10.0~14.6%(年率)

セディナカード

18.0%(年率)

エポスカード

18.0%(年率)

即日キャッシングはACマスターカード♪

クレジットカードでキャッシングするにはカード発行から考えるとかなりの日数がかかってしまいます。申込まではスムーズにいっても、カードが自宅へ到着するまでに日にちがかかるからです。ですが、ACカードは即日発行してもらうことができるので、すぐに必要になっても大丈夫です。ただし、即日受取をするには自動契約機であるむじんくんに行かなければならないので、時間内に行ける人のみとなってしまいます。それ以外の方は通常のクレジットカードと同じく、郵送になります。ACカードは国際ブランドであるマスターカードなので、海外でも安心です。

 

金利が高いのはエポスカードとセディナカード!!

当サイトで紹介している金融機関の中で一番金利が高く設定されているのはエポスカードとセディナカードのクレジットカードキャッシングです。この2つのカード会社は金利を一律にしているので、他の金融機関とは違い、どれだけ借りても借りなくても18%の金利がかかってしまいます。大きな金額であれば返済が大変になってしまうので考えものですが、だからと言って4万円という1ヶ月程で返せそうな金額でももったいない気がしますよね。もちろんあらかじめカードを持っていれば即日キャッシングはできるのでオススメですが、持っていないのならばわざわざこの2つのクレジットカードでキャッシングをする必要もないかな・・・と思います。

 

4万円を即日で借りるのにおすすめのクレジットカードキャッシングランキング

 

ACマスターカードの特徴

ACマスターカードは自動契約機であれば即日カード発行可能な金融機関となっています。ACカードはアコムのカードなので、認知率も高く安心感もあるかと思います。カードの種類もマスターカードと他の国でも使用できるようになっているので、旅行の際も安心して使うことができます。さらに支払い方法も多数あるので、自分に合った方法で返済することが可能です。現在クレジットカードを持っていないけどキャッシングをしたいという方にはダントツでオススメのクレジットカードです。

金利 10.0~14.6%
評価 評価5
備考 即日カード発行可能
 

 

 

エポスカードの特徴

エポスカードはクレジットカードキャッシングをできる金融機関では珍しい「最大30日間金利0円」のサービスを行っているカード会社です。ただ他のサービスと違うのは「最大」とあるので、それ以下の日数になってしまう可能性もあるということです。それでもあらかじめカードを持っている方には嬉しいサービスですよね。ただしあらかじめカードを持っていないと、カード申込からになるので即日は難しいでしょう。

金利 18.0%(年率)
評価 評価5
備考 最大30日間金利0円あり
 

 

 

セディナカードの特徴

セディナカードは午前11時までの申込で最短翌日に指定の口座へ振込をしてもらうことができます。ただしキャッシングに関してはカードが手元に来てからとなるのですが、とにかく即日お金が必要という方にはまずは口座にお金を振込してもらうことができるというのは大きなポイントになるかと思います。

金利 18.0%(年率)
評価 評価5
備考 11時までの申込で最短翌日振込
 

 

とにかく即日4万円借入したいです!!どこが良いですか?!

即日借入については金融機関によって変わってくるのですが、やはり即日借入でオススメなのは消費者金融です。特にアコムなんかは自動契約機があるので、即日借入がしやすくなっています。もちろん自動契約機の場合は時間内と決まっていますが、本当にすぐに必要ならアコムが1番早いのではないかと思います。もし少しでも時間に余裕があるなら、銀行カードローンなんかも良いかもしれませんが、金利のことを考えるなら、やはり消費者金融がお得なのではないかと思います。

 

4万円を即日で借りる方法:Q&A

専業主婦でも4万円すぐ借りることはできますか?

パートをしている方なら問題なく借りることはできるようですが、「専業」になると正直難しいところです。返せるという保証があれば、消費者金融でも問題はないと思いますし、クレジットカードキャッシングなんかもオススメできそうです。

 

4万円が今すぐ必要なのですが、すぐに返せるか不安です。それでも借りることは可能でしょうか?

それに関しては少し難しいところでもあります。ただし「すぐ」ではなく、1ヶ月2ヶ月と時間がかかっても返せる保証があれば借入することは可能なようです。中には収入証明書を提出しなくとも良い金融機関があるので、どうしてもそういった書類を提出したくなければ、そこは避けるのもよいでしょう。また不安なのであれば、消費者金融だと簡易審査もあるので、そういったものを使うのも良いかもしれませんね。

 

学生なのですが、消費者金融を利用することは可能ですか?家賃を支払うのに即日借入したいです

学生の方でも20歳以上で一定の収入のある方であれば可能です。一定の収入というのは、アルバイトやパートも含めて返せる保証がある人であれば学生の方でも可能のようです。まずは消費者金融のWEB審査に申込し、審査に通れば問題はありません。

4万円を借りるための基準年収は12万円

カードローンの内、「総量規制対象」となるものを利用する場合には4万円を借りる為に必要な年収は12万円(4万円の3倍)となります。なぜ4万円を借りる為に年収に制限があるのかと言うと、総量規制とは「年収に対して1/3以上の借入れ(貸付け)を制限する」というものであるためです。以前はこういった規制が無く、審査をパスすることさえ出来れば際限なく借入れをすることが出来ていたのですが、債務過多に陥って債務整理や自己破産などを行う利用者が急増してしまったことで総量規制が施行されました。現状では、総量規制対象となる場合に限っては4万円の借入れをするためには年収が12万円以上あることが必要となっていますが、普通に考えれば働いてさえいれば年収が12万円以下になることは無いでしょう。

学生のアルバイトなどであれば年収12万円以下と言う状況も起こり得る可能性はありますが、社会人ならばそれだけの収入では生活をすること自体が不可能です。最低でも100万円を超える年収が無ければ日常生活もままならない状況であるはずなので、最低年収は12万円であったとしても実際には100~150万円ほどの年収が無ければ借り入れは難しいと判断できます。仮に年収が達していたとしても、希望すれば誰もが4万円を借りることが出来ると言う訳では無く、申込者の状況を様々な面から評価する「審査」によって結果が決まります。審査基準は各社ごとに相違があり、審査をパスできるところもあれば落とされるところもあります。

人によってはどこを受けても契約できる可能性もありますが、逆にどこを受けても契約出来ない可能性も十分に考えられます。詳しくは次項で触れるとして、「どうすれば4万円を借りることが出来るのか」をしっかりと認識できているのといないのとでは結果が大きく変わる可能性があるので、まずはしっかりと基礎知識を身に着けておきましょう。ただ単に4万円を借りようとしているのであれば手段は沢山あります。必ずしも消費者金融系・銀行に頼らなくとももっと条件が良い方法もありますが、「即日融資」と言う条件が含まれた場合にはほぼどちらかの方法しか選択肢が無くなります。

4万円は大金では無いかもしれませんが、決して安いお金でもありません。個人にそれだけのお金をすぐに貸してもらえる状況は多くない為、やはり貸金業者を頼る選択が最も確実性が高いと言えるでしょう。

 

4万円を借りられる人と借りられない人

さて、希望したら達成できる人とそうでない人の違いはどこにあるのかと言うと、それは主に「収支状況」です。年収が多い人と少ない人では前者の方が可能性が高くなるのが一般的ですが、それと同時に「支出・債務状況」が関係してきます。例えば、年収1000万円で毎月の生活費が500万円、借金が1億円ある状況の人と年収300万円で生活費が10万円、借金は0円の人とでは必ずしも前者の方が高評価になるとは限りません。如何に生活費や債務状況が悪くとも、根本的な年収が多いことが優遇される可能性は低くありませんが、より堅実な生活をしていることを評価する場合には圧倒的に後者が有利になってきます。

こうした細かな判断基準は各社異なっているため、全く同じ状況であっても出る結果には違いがある訳です。しかし、それを理由に「何社にも審査申込みをする」と言うことはご法度です。なぜかと言うと、短期間に複数の審査を申し込む行為は「申し込みブラック」を誘発してしまうからです。申込みブラックとは、「実際には契約をしてはいないにもかかわらず、申込件数が多いと言うだけで融資を断られてしまう状態」の事で、これが起きる最大の原因は短期間の複数申し込みです。審査を申し込みがあると、まずはその人の信用情報がどうなっているのかを個人信用情報機関に照会されます。

ここにはその人の過去の信用取引に関する履歴(一定期間)が登録されていて、加盟している業者であれば基本的な内容を照会することが出来ます。本人でなければ詳細な内容までは把握できませんが、それでも「いつ照会された履歴があるのか、現在の債務状況・返済状況はどうか」と言ったことは簡単に調べることが出来ます。ここで重要なことが「紹介された履歴(申し込み履歴)が分かる」と言う点で、これが短期間に複数回あったり、申し込み履歴はあるのに契約した形跡が無いと言った状況はネガティブな評価を誘発してしまいます。

その結果、正式な審査が行われることなく融資が否決されてしまう状態になってしまうため、そうならない為にも「しっかりと厳選した申し込み先を選ぶ」と言うことが必要になります。実際、4万円であれば契約出来さえすればほぼ達成できる金額です。あまりに神経質になり過ぎるあまり、余計な杞憂を感じてドツボにハマってしまうことがある為、それを避けるうえでも「基本的な審査基準と実例」を参照しておくと良いでしょう。